• 有料老人ホームの種類と特徴

    有料老人ホームとは、高齢者が暮らしやすいように配慮した住まいに、日常生活を送るうえで必要なサービスが付いている施設になります。


    入居するには条件がありますが、一定ではなくホームによって年齢は60歳以上や65歳以上だったり、健康状態によっても入るホームが変わってきます。
    有料老人ホームには介護付や、住宅型、健康型などの種類があります。

    大手小町に関する最新情報はこちらです。

    その特徴は民間事業者が運営していて、介護付は食事や清掃、リハビリなど施設スタッフの幅広いサービスが受けられます。
    レクリエーションや設備が充実していて、重度の介護状態でも住み続けられる施設もあります。

    また介護付有料老人ホームの中でも、介護専用型や混合型などがあるので、選択肢が多くなっていて、医療ケアに対応する施設も多くなっています。住宅型は介護付よりも軽度の要介護者や、要支援状態の高齢者を受け入れている介護施設になっています。



    施設内に介護スタッフが常駐していないので、訪問介護などの在宅サービスを利用するので、利用料が割安となり、要介護の状態になっても住み続けられることが特徴になっています。

    健康型は自立や要支援の高齢者や、家事手伝いなどのサポートを受けられ、シニアライフを楽しむための設備として、図書室やスポーツジムなどが充実しています。



    その他にも、社会福祉法人や地方自治体などが運営する経費老人ホームは、特に75歳以上の後期高齢者を受け入れて、比較的低い利用料で生活のサポートを受けることが出来ます。