• 終の棲家という側面だけではない!有料老人ホームとは

    • 有料老人ホームとは、普段の生活が困難な高齢者のため、食事介助や入浴・排泄介助などの介護サービスに加え、食事提供や部屋の清掃などのサービスも提供することで、利用者にできるだけ快適な日常生活を送ってもらおうとする福祉介護施設です。


      有料老人ホームは、かつては料金の面から敷居の高い施設と思われてきましたが、近年では個人の所得に応じたリーズナブルな入居プランも増えており、ここ10年で利用者が急増しています。


      一口に有料老人ホームといっても様々な種類があります。介護が必要と認定された方の専用施設である介護付老人ホーム。
      介護が必要な人、必要でない人両方の人が入れる住宅型老人ホーム。



      このタイプの老人ホームは食事などのサービスは提供されますが介護スタッフは常駐せず、必要ある時のみ訪問介護という形で外部に委託されます。そして最後のタイプの老人ホームが健康型老人ホーム。


      自立した高齢者対象のホームであり、風呂やトレーニングルームなど普段の楽しい暮らしを送れるような施設が充実しています。
      ただし、介護が必要な状態になった時は退去しなければなりません。



      老人ホームには原則65歳以上の方が入居する決まりですが、状況によっては50歳以上という基準を設けている所もあります。

      料金は入居時に支払う入居一時金と月額利用料があり、入居一時金は0円から数千万円するものまで様々ですが、月額利用料は管理費、光熱費、食費の他必要に応じてオムツ代や医療費など、おおよそ12〜30万円ほどかかります。有料老人ホームは、費用はかかるものの、充実した施設や、同居している方々と一緒に楽しめる各種イベントやレクリエーションが数多くあり、決して終の棲家という側面だけではなく、楽しみながら生活できるという面も持ち合わせているのです。

      Wikipedia情報を、皆様へ配信するサイトです。

  • 専門知識

    • 有料老人ホームのメリット

      有料老人ホームと聞くとほかの高齢者施設と比較すると費用が高いと言う声が多く、簡単に入ることができないと言うイメージがデメリットになっている部分があります。実際ポピュラーな介護付はもちろん、住宅型や健康型の場合は介護サービスを必要としない高齢者向けの施設となっているため、そのほかの日常的なサービスを充実させているところが多くどうしても費用が高くなりやすい傾向があります。...

  • 情報分析

    • 有料老人ホームの種類と特徴

      有料老人ホームとは、高齢者が暮らしやすいように配慮した住まいに、日常生活を送るうえで必要なサービスが付いている施設になります。入居するには条件がありますが、一定ではなくホームによって年齢は60歳以上や65歳以上だったり、健康状態によっても入るホームが変わってきます。...

  • 納得の情報・福祉のコツ

    • 老人ホームとはどのような場所か

      老人ホームとは、現在では高齢者の方が入所をして、快適に生活をする事が出来る施設として生活の場と考えられています。高齢者の方は、筋肉の衰えや認知症の悪化などによって在宅で生活をする事が困難になる方が多くいます。...

    • 老人ホームに入るメリットとは

      老人ホームという単語を聴くと、多くの人が閉じ込められる・見捨てられるなどのマイナスイメージを持っていると言うことが多いです。特に高齢者の場合は自宅で介護されることを希望していることが多く、老人ホームを希望すると言う人はあまり多くないと言われています。...